藤間万恵は2010年9月から2011年7月にかけ、日本の文化庁から中国に派遣され、日本の伝統芸能である日本舞踊の普及に努めていた。" /> 藤間万恵氏 中国で日本舞踊を伝える文化交流使 -- pekinshuho
Imprimer cet article

Commenter cet article

www.gochina123.com
中国主要都市生活情報満載のナビゲーションサイト
ホームページに設定 お気に入りに追加
中国に住む日本人  
藤間万恵氏 中国で日本舞踊を伝える文化交流使

 

本誌記者 繆暁陽

 波がたゆたうような祈りの舞踊からは、浩然の気があふれ出している。これは「藤間万恵 北京日本舞踊の会」で披露された創作独舞「曙光」を演じる藤間の姿である。同公演は「中日学生が共に創る 日本舞踊と歌舞伎演目の舞台」として、10月22日と23日の両日、北京市宣武門にある繁星戯劇村で行われた。

藤間流(勘右衛門派)日本舞踊家の藤間万恵氏

今回の舞台に立った踊り手の8割が中国で日本語を学ぶ学生たちである。一国の伝統芸能の舞台に外国人が立つことは、本来であれば想像も付かない挑戦である。中国における日本舞踊の普及について、先ごろ、本誌記者は藤間流(勘右衛門派)日本舞踊家の藤間万恵にインタビューした。 

1   2   3   次のページへ