Imprimer cet article

Commenter cet article

www.gochina123.com
中国主要都市生活情報満載のナビゲーションサイト
ホームページに設定 お気に入りに追加
トップ  
SNSによって変えられた生活 「いいね!の仲」も

 

中国で最近、「夫婦が一緒のベッドに寝ていてもSNSで『おやすみ』」というニュースがネット上で大きな論議を呼んでいる。現在、生活において欠かせない通信ツールとなっている微信(WeChat)は、生活スタイルの変化ももたらしている。中国新聞網が報じた。

せつないニュースが度々

2014年4月、「僕には422人の友達がいる。でも、まだ孤独だ…」という言葉で始まる動画が、4500万回近く再生された。同動画では、投稿者の若者・Gary Turkさんが登場し、スマホが「孤独」に拍車をかけたと訴えている。

実際にあったこのエピソードは、「SNS孤独症」と呼ばれ、ネット上で瞬く間に広がった。

インスタント化が常態化

2016年に入り、ツイッタ―は、メッセージの文字数上限を140字から1万字に拡大することを検討している。まだ、変更は実施されていないものの、大きな論議を呼んでいる。

「ネットユーザーからのマイナス評価が多数を占めているということは、この変更計画に対して不満を抱いているということ。また、ネットユーザーはできるだけ少ない文字数でつぶやいて『反撃』している」と報道したメディアがある。

手軽さを求める今の時代、人々は、絵文字1つ送れば気持ちを十分に表すことができ、それを書き表わすのに1万字も必要としてはいない。

「いいね!の仲」

微信のモーメンツの出現と共に、「いいね!」も流行し、その意義にも変化が生じている。14年、「いいね!」をめぐって、ネットユーザーは、そんなに仲がよくしているわけではなく、あっても挨拶をするぐらいだけなのに、モーメンツでは『いいね!』を送りあう仲の知り合いが増えていることを揶揄し、「いいね!の仲」という言葉も生まれた。

SNSの影響を受ける現代の生活

実際に、微信などのインスタントメッセージツールは多くの人の生活を変えている。

「インスタントメッセージツールの出現により、空間距離感が曖昧になったり、消失したりした。微信は、時間を分断し、永遠に続くとぎれとぎれの時間が、現実を映像化している」と指摘する研究がある。

微信は、人と人が接触する方法も変えた。モーメンツにおいて、文字、記号、映像などが、人と人が実際に会って交流する時の声や目つき、表情さらには接触に取って変わるようになっている。

「人民網日本語版」2016年1月20日